|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」七十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 退屈で困るという人はどんな気持なのか知ら。気の散ることもなくただひとりでいるのは結構なものではないか。社会の調子について行けば、心は俗塵にけがされて欲望に迷いやすく、人と交渉すれば、言葉が相手の気をかねて本心のままではいない。人に戯れ、物事を争い、恨んでみたり、喜んでみたり、心はすこしも安定しない。差別好悪の思考がむやみに起って、利害得失の欲念が休む間もない。惑いの上に酔うて、酔いの中に夢を見ているようなものである。走りまわるに忙しく、うかうかと大事を忘れているというのが世上一般の人の有様である。まだ真の道は自覚できないにしても、せめては外界の諸縁とぐらいは離れて身を安静に、俗事に関与しないで、心を安らかにするのがしばらく楽しむともいうべきであろう。摩訶止観《かしかん》()にも生活、人事、技能、学問などの諸縁はやめるがよいとある。
メニュー

更新履歴
取得中です。