|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」七十八


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 当世ふうの事物のめずらしいのを言いひろめているのもまた了簡《りようけん》が知れない。陳腐になってしまうまで新らしいことを知らないでいる人は奥ゆかしい。はじめての人などがいるのに、自分の方で言い慣わした話題や、物の名などを知っている同志が、ほんの片端だけ言い合って顔見合せて笑ったりして、意味のわからぬ人に不快を与えることは、世間慣れないたちのよくない人のあいだではよくあることである。
メニュー

更新履歴
取得中です。