|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」七十九


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 万事に、あまり立ち入らないのがよい。上品な人は知っていることでもそれほど知ったかぶりをして話すだろうか。片田舎から出て来た人の方が万端心得顔に応対するものである。そんな人の中には尊敬すべき智者もいるけれど、自分でもえらそうな様子をしているのが見苦しい。心得切った方面のことには、きっと口が重く、人が問わない限りは口を出さないのが立派な態度である。
メニュー

更新履歴
取得中です。