|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」八十四


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 法顕《はうけん》三蔵が印度に渡って古郷《ふるさと》の扇を見ては悲しんだり、病気にかかると、支那の食物をほしがったりしたことを、あれほどの人物でありながらひどく女《め》々しい態度を外国人に見せてしまったものだとある人が言ったのを、弘融僧都がまことに人情に富んだ三蔵であったなあと言ったのは、法師にも似合わしくないことをよくも言ったと感じ入った。
メニュー

更新履歴
取得中です。