|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」九十


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 大納言法印の石使っていた乙鶴丸《おとつるまる》という童がやすら殿という者と知り合いになって常によく訪ねていたが、ある時やすら殿の家から乙鶴丸が出て帰るところを法印が見つけて「どこへ行って来たか」とたずねると「やすら殿のところへ行っていました」という。法印に「そのやすら殿というは、男か法師か」と重ねて問われて、乙鶴丸は袖かき合せて、てれながら「さあ法師ですか知ら、頭は見ませんでした」と返事をした。どうして頭だけ見えなかったものやら。
メニュー

更新履歴
取得中です。