|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」九十一

 赤舌日《しやくぜつにち》ということは、陰陽道にも定説のないものである。昔の人はこの日を忌まなかった。近ごろ、何者が言い出して、忌みはじめたのであろうか。この日にすることは成就せずと説いて、この日に言ったこと、したことは目的を達せず、得たものも失い、企てたことも成功しないというのは愚劣なことである。吉日を選んでしたことで成就しないのを数えてみたってまた同様の統計を得られよう。その理由は、常住ならぬ転変の現世では、目前に在りと思うものも実は存在せず、始めあることも終りがないのが一般である。志はとげぬ勝ちである。欲望は不断に起る。人間の心そのものが不定であり、物もみな、幻のように変化して何一つしばらくでも止っているものがあろうか。この道理がわからないのである。吉日にも悪事をしたらかならず凶運である。悪日に善事を行うのはかならず吉であるとかいわれている。吉凶は人によって定まるもので日に関係するものではない。

メニュー

更新履歴
取得中です。