|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」九十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 箱の刳《えぐ》ってあるところに紐を着けるのにはどちら側につけるものかとある故実家に質問したところが、その入は.軸(巻物の左)につけるのも表紙(右)につけることも、両方の説があるところから、どちらでも差しつかえはありますまい。文の箱の場合は多く右につけ凋手箱には軸につけているのが普通のようです」と言った。
メニュー

更新履歴
取得中です。