|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」九十九


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 堀川の太政大臣|久我基具《こがもととも》公は容貌の美しい快活な気風の入がらで、何かにつけてちょっと奢りを好まれた。御子の基俊卿を検非違使《けびいし》別当にして庁の事務をとらせたが、役所に備えつけの唐櫃が見苦しいというので立派に改造しようと命ぜられたが、この唐櫃は大昔から伝わっているもので、いつからあるものとも知れない。数百年を経たのである。代々の公用の御器物というものは古くすたれたこのような古物をモデルにしている。むざむざとは改造できませんと古実に通じた官人らが申したのでそのことはそのままに沙汰止みになった。
メニュー

更新履歴
取得中です。