|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百二十一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 養い飼うものは馬や牛である。つないで苦しめるのは気の毒だけれど、必要かくべからざるものだから仕方がない。犬は家を守り防ぐつとめが人のもまさるものだから、これまた無くてはならない。けれども、どこの家にもあるものだから、とくに飼育するほどのこともあるまい。そのほかの・鳥や獣、いっさい飼うこと無用である。走る獣がおしこめられ鎖につながれては、雲を恋い野山を思い悲愁は断えまもあるまい。こんな目に自分が会ったら堪え忍べないとしたら、心ある人はこれをたのしむことをしようや。生きものを苦しめて目を喜ばすというのは桀紂《けつちゆう》のような暴虐な心である。王子|猷《ゆう》が鳥を愛したのは、林中に楽しんでいるのを見て逍遙の友としたのである。捕えて苦しめたのではない。「いっさいの珍らしい鳥や異様な獣を国に養わない」とは、書物にも書いてある。
メニュー

更新履歴
取得中です。