|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百二十三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 無益のことをして時を浪費するを愚かな人とも間違ったことをする人ともいうべきであろう。国家のため、君主のために、是非ともしなければならないことが多い。それに時を捧げたらその余の暇は、いくらもないものと知らねばならない。人間たるものがどうしても営まなければならないものは、第一に食物、第二に着物、第三に居所である。人間の大切なものは、この三つ以上のものはない。飢えず、寒からず、風雨に冒されないで静かにすごすのが人間の楽しみである。けれども人は誰しも病気がある。病にかかると、この苦痛心配は堪え難い。医療を無視することはできない。薬をも加えて、それらの四つ、衣食住とさらに薬を得ることのできないのを貧しいとし、それらの四つに不自由しないのを富んでいるとする。この四つのほかをもとめ営むのを贅沢とする。この四つのことなら、質素を心がけたら、どんな人でも足らぬものはないはずである。
メニュー

更新履歴
取得中です。