|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百二十六


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 賭博ですっかり負けて、有り金を全部賭けようと決心した相手に出あったら、決して打ってはならない。今まで負け通した男に、悪運が転じて、つづけさまに勝つ機運になって来たのに気がつかねばならない。こんな時機に運を見抜くのがえらい賭博者というものであるとある人が言った。
メニュー

更新履歴
取得中です。