|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百二十八

 大納言源雅房卿は学才もすぐれ物のわかった人で、後宇多上皇も近衛大将にでもしようかとお考えになっていた折、上皇のお側の者が「ただ今|怪《け》しからぬことを見て参りました」と申し上げたので上皇は「何ごとか」とお訊ね遊ばされると「雅房卿が鷹に餌をやるのに生きた犬の足を切りましたのを、中垣の穴から見ました」と言上したので、いやらしく、憎らしく思召されて日常の御機嫌も以前とは変り、雅房を昇進なされなかった。あれほど立派な人が鷹を飼っておられたのは、意外なことではあるが、犬の足の件は、あとかたもないことである。出鱈目《でたらめ》は雅房卿に気の毒ではあるが、上皇がこれをお聞き遊ばされて、御にくしみをもよおさせられたお心はまことに有難い。

 いったい、生物を殺したり、傷つけたり、咬み合わさせたりして遊び楽しむ人は、畜生が同類相|食《は》むと同様である。すべての鳥獣はたとい小さな虫にしても注意してその生態を見ると、子を思い親を慕い、夫婦相伴う。猜《そね》んだり、怒ったり、慾ばったり、自分の身を大切にし、命を惜しむこと、人聞と同じだが、人間にくらべて愚癡一方なものだけに人間以上にさらに甚だしいものであるから、そんなものに苦しみを与え生命を奪うことがどうしてかわいそうでなかろう道理があろうか。一切の動物を見て慈悲の心を起さないのは人間の仲間ではない。

メニュー

更新履歴
取得中です。