|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百三十一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 貧しい者は財力を用いて礼儀をつくそうとし、老いた者は体力を用いて礼儀とする。ともに非である。自分の身のほどを知って、でぎそうもないことは、さっそく廃止するのが上分別というものでなければならない。これを許さないのは、許さぬ人の心得違いである。身のほどをわきまえないで無理な努力をしようとするのは、する人の心得ちがいである。貧者が身のほどをわきまえない場合は盗みをし、力が衰えて、身のほどをわきまえない場合は病気をする。
メニュー

更新履歴
取得中です。