|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百三十三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 天子の御寝所は、東の御枕でおわせられる。すべて東方を枕にすると陽気を受けてよいというので、孔子も東を枕にされた。一般に寝所の設備は、東枕でなければ南枕にするのが普通であろう。白河院は北枕でおやすみ遊ばされた。北は粛殺の気のある方角で、忌むべきものである。そのほかにまた、「伊勢は南である。北枕をなされば白河院は御足を大神宮に向けられたわけでこれはいかがなものか」と申した人があった。しかし、朝廷で大神宮の御遙拝の場合は東南に向って遊ばしておられる。南方ではない。
メニュー

更新履歴
取得中です。