|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百三十六


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 医者のあつしげが、故花園法皇の御前に伺候していた時、院が召し上るお膳が出たのを、あつしげは「ただ今参りましたお膳部の一々の品について、その文字、その功能をおたずね下さらばわたくしは暗記でお答え申しますほどに植物書とおくちべ合せ願い上げとう存じます。一つも間違いは申上げますまい」と言っているところへ、ちょうど、故六条内大臣有房公が参られて「では我々がついでに教えていただきましょう」と言って「まずしおという字は、何偏でしょうか」と問われたら、「土偏でございます」と申したので、内大臣は「もう君の学才の底も見えました。それだけでたくさんです。言うまでのこともございません」と申されたので、大笑いになって、あつしげはそこそこと退出した。
メニュー

更新履歴
取得中です。