|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百四十三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 人の臨終の有様の立派であったことなどを人の話すのを聞くと、ただ平静でとり乱されなかったとだけで奥.ゆかしいのに、愚人どもはこんな不思議な瑞相《ずいそう》があったなどと附会して臨終の際の言葉の動作も自分勝手の意味をつけて賞めそやす、これでは死者が平素の本懐にも違背するだろうにと思われる。臨終という大事件は仏菩薩がかりに人間に現われたほどのお方も、また博学の学者が批評も考量もおよぶべきではない。当事者の本心さえ教えに違うところがなかったならば.他人の見聞などはどうでもよいことである。
メニュー

更新履歴
取得中です。