|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百四十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 御随身《みずいじん》の秦重躬《はたのしげみ》は北面武士の下野《しもつけの》入道信頼のことを「落馬の相《そう》のある男です、注意しなければなりませんな」と話したが誰も信じる人もなかったが、信頼はほんとうに馬から落ちて死んだ。道を通じた人の一言は神のようだと人々は感心して、「それにしてもどういうところに現われていた相でしたか」と人が質問すると、「非常に据りの悪い尻で、そのくせ悍馬が好きと来ていたから、落馬の相と判断しました。言い間違ってはおりませんよ」と言われたとのことです。
メニュー

更新履歴
取得中です。