|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百四十六


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 明雲|座主《ざす》が人相見におあいになった時、「自分はもしや剣難の相がありはしないか」とおたずねになると相者は「なるほどその相がおありです」と申し上げた。座主が「どういうわけであるか」とお問いになると「負傷殺害などの御懸念のない御身分でいらせられながら、そんなことをお思いあそばされておたずねなさるのがすでにその奇禍の前兆でございましょう」と申した。果して、木曽冠者が法住寺を襲撃した際に流れ矢に当って亡くなられた。
メニュー

更新履歴
取得中です。