|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百四十七


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 灸《ぎゆう》点があまりたくさんになると汚れた者として神事には憚りがあるということを近ごろ言い出した向きがあるが、格式書の類には書かれてもいないということである。
メニュー

更新履歴
取得中です。