|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百五十二

 西大寺の静然《じようねん》上人は腰がかがまり、眉は白く垂れ、じつに高僧の面目をそなえて内裏へ参られたのを西園寺内大臣殿が「ああ、尊いお有様だなあ」と信仰の気味があったのを、日野|資朝《すけとも》卿が見て「年をとっただけのことでさ」と言われた。さて後日になって、見るかげもなく老衰して毛もはげているむく犬を「この犬の様子も尊く見えますから」と西園寺内大臣の許へ贈ったという。

メニュー

更新履歴
取得中です。