|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百五十三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 為兼大納言入道が召し取られて、武士どもがとり囲んで六波羅へ曳いて行ったのを、日野資朝卿が一条辺で見かけて、「じつに美しい。人として世に生れ出た甲斐にはこういうことになってみたいものである」と言われたとのことである。
メニュー

更新履歴
取得中です。