|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百五十六


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 新任大臣の披露宴は、相応な堂々たる所を借りて挙行されるのが常例である。藤原頼長公は東三条院殿を拝借して披露の宴をなすった。当時帝がこの殿に御座ましましたのに、公の拝借奏請でわざわざ行幸遊ばされた。別だんに皇室と御縁つづきということの無い方でも、女院の御所などを拝借して挙行するのが故実にかなうのだそうである。
メニュー

更新履歴
取得中です。