|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百五十八


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 盃の底の飲み残りを棄てる(当時あった式法)というのはなんの理由か御存じですか」とある人がたずねたので、答えて「凝当《ぎようどう》と申していますからは、底に沈澱しているのを棄てるのでしょう」と言ったところが「そうではない、魚道である。流れを残して日をつけたところを洗い清めるのである」と話しておられた。
メニュー

更新履歴
取得中です。