|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百六十一

 花の盛りは冬至から百五十日目とも彼岸の中日後七日ともいうが、立春から七十五日目というのが、たいてい間違いのないところである。

メニュー

更新履歴
取得中です。