|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百六十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 関東の人で都に来て、都人といっしょに生活する人、または都の生れで、関東へ行って身を立てているのや、また出家で本寺本山を離れ、宗旨を変えている顕教密教の僧など、総体に自分の習俗を廃棄して他の習俗の人々のあいだにまじり加わっているのは見苦しいものである。
メニュー

更新履歴
取得中です。