|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百六十九


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「何々の式ということは後嵯峨帝の御代までは申されていなかったのを近い時代になってから言いはじめた言葉である」とある人が言っておられましたが、しかし建礼門院の右京大夫が、後鳥羽院の御即位の後、ふたたび内裏へ住んだ時のことを記して「世の式も、かわりたることはなきにも」と書いている。
メニュー

更新履歴
取得中です。