|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百七十二


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 青年時代には血気が体内に漲っているから、心も事物に感じやすく欲情さかんである。一身を危険にさらして砕けやすいことは、まるで珠を転がしているようなものである。華美なものを好んで金銀を浪費するかと思うと、きまぐれにこれを捨てて佗びしい境涯に身を委ねてみたり、気を負うて勇んでいる心が旺盛だから争いをし出かし、ある時は羨望し、ある時は慚愧するなど.気分がむらで好むところも日毎に定まらない。色情に溺れ、情懐に耽り、そうかと思うと義に勇んでは一生を投げ出してかかり、ために一命を捨てた人を理想として、その身を永く安全に保つことは考えない。熱情の赴くところに迷わされて、永く世間の語り草にもなってしまう。こんな風に一身を誤るということは、若い時にあることである。年をとると精神が衰え、淡泊に何事にも感動しなくなる。心がおのずと平静だから、無益な事はし出かさず、とかくわが身も苦労少く、他人にも迷惑はかけまいと心がける。老年が理性の点で青年にすぐれているのは、青年が容姿にかけて老年にまさるのと同じである。
メニュー

更新履歴
取得中です。