|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百七十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 世間には心得難いことも多いものである。何かにつけて、まず酒をすすめ、無理に飲ませて面白がるのは、どういうわけだかわからない。飲む人の顔は我慢しかねたように、眉をひそめ、人目を見はからっては酒を捨てようとし、隙を見てはその場を逃げ出そうとするのを、捕えて引きとどめて、むやみに飲ませるので、ちゃんとした人も急に気違いになり、健康な人も、見る見る大病人になって前後不覚に打ち倒れてしまう。祝い事のある日などはあさましいことではあるまいか。飲まされたほうでは翌日袁で、頭痛で食事もできず、呻吟して打ち臥している。昨日のこともまるで世を隔てたことか何かのように記憶にも残らず、公私の重大な用件も打ち捨てて不都合を生じている。人をこんな目にあわせるのは無慈悲でもあり、礼儀にも違ったことである。こんなひどい目に遭わされた人は、恨めしく無念に思わぬはずはあるまい。外国にはこんな風習があるのだそうなと、こちらにはない風俗と仮定してこれを伝聞したものと仮想したら奇々怪々に感ぜられるものであろう。酒の酔は他人の様子で見てさえ不快なものである。深い思慮の敬服すべく見えた人まで、無分別に笑い罵り、多弁になり、烏帽子は横っちょに曲り、装束の帯や紐などはほどけたままに、裾をまくって脛を高く蹴り上げえはしたない有様などはとうてい、平常の人物とは考えられない。女は額髪をすっぱりと掻きのけてしまい、しおらしげもなく、顔を仰向けて笑いかけ、盃を持っている人の手にすがりつき、下品なのは肴をとって人の口に押しつけたり、自分もかぶりついている。とんとぶざまなものである。声のありったけを出して歌いわめいたり、舞い出したり、たまたま年とった法師などが召し出されていて黒く見にくい体を肩ぬぎになって目も当てられない様子で身をくねらせているのは、当人は申すに及ばず面白がって見ている人まで忌まわしく腹立たしい。

 また自慢話を聞き苦しく吹聴《ふいちよう》するのがあったり、酔い泣きをしたり、下等な連中は大声に悪罵し合い、喧嘩になる。あさましく、恐ろしい有様、外聞の悪い不愉快なことばかり起って、果てはやらぬというものを無理に奪い取ったり、縁から落っこちたり、帰途には馬や車から落ちて怪我をでかしたり、乗り物のない連中は、路をよろめき歩いて、土塀や門の下などに向って言うを憚るようなことどもをしちらかす。年老って袈裟などをかけた法師の身で小童の肩によりかかって、くだらぬことなどを言いかけながらよろめいているのなどは、見る目もきまりが悪い。こんなことも現世あるいは来世に益のある行為だというのなら致し方もあるまい。しかし、この世では過失を生じ財産を失い疾病を得る。百薬の長などとはいうけれど万病を酒から惹ぎ起している。憂を忘れさせるともいうが、酔った人は過去の悲しさを思い出して泣いたりしている。それで来世はというと後世のためには人の智恵を失い、さながら善根を焼く火のように悪行を増し、一切の戒律を破って地獄に堕ちるであろう。酒をとって人に飲ませた者は五百生のあいだ手のない者に生れると仏は説いておられる。こういう厭うべき酒ではあるが、また自然と棄て難い時もあるものである。月の夜、雪の朝、あるいは花の下などにゆったりと話し出して盃を取り出すのはすこぶる興を添えるものである。退屈な日に、思いがけぬ友だちが来て、酒盛がはじまるのは楽しいものである。またお近づきもない高貴の方の御簾の中から菓子《くだもの》やお酒などを結…構に取り合せて差出してたまわるのはまことによいものである。また、冬、狭い場所で火に物を煮たりしながら隔意のない仲間が寄り集ってどっさり飲むのはまことに面白い。旅の宿または野原や山などで、有りもせぬ肴を空想しながら打ち興じて芝の上で飲んだのなどは趣が深い。非常に弱い下戸が、しいられてちょっぴり飲むのなどじつに好い。有難い方が特別に「もうすこし、それではあんまりちょっぴりですから」などとおっしゃってくれるのは嬉しいものである。かねて近づきになりたいと願っていた人が上戸で酒のせいでぐんぐんと親密になるのもまたうれしい。いろいろ欠点も挙げては来たが、それでも、上戸というものは愉快で無邪気なものである。前夜酔いくたびれて他人の家に泊り込みながら朝寝しているところを主人が戸を開けて入って来たのに、度を失ってぼんやりした顔をしながら、寝乱れて細い髻《もとどり》をあらわし、着物を十分に着るひまもなく両手で抱きかかえ、引きずりまわして逃げ出して行く、帯なしのうしろ姿、細い毛脛をあらわした具合、滑稽に、酒飲みらしく、無邪気である。

 (一) 仏説に人の前世を隔生即志というに因ったのであろう。

 (二) 「御肴何」は普通催馬楽のその句を歌いつつと解くが.自分は与謝野晶子氏の解に従った。
メニュー

更新履歴
取得中です。