|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百七十八


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ある所の侍たちが、内侍所の御|神楽《かぐら》を拝観して、そのことを人に話すのに「その時宝剣は何某殿が持っておられた」などと言ったのを聞いて、居合せた内裏の女房の中に「別段の行幸のは宝剣ではなく昼御座《ひのおまし》の御剣《ぎよけん》よ」とこっそり言った人がいたのは感心であった。この人は永年|典侍《ないしのすけ》をしている人であったとか。
メニュー

更新履歴
取得中です。