|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百八十一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「降れ降れこ雪.たんばのこ雪」という歌の意味は、米を搗《つ》いて篩《ふる》う時のように雪が降るから粉雪というのである。溜れ粉雪というぺきを間違えて、「たんばのこ雪」といったのである。そのつぎの句は、「垣や木のまたに」と唄うのであるとさる物識りが言った。昔から言ったものであったらうか鳥羽天皇が御幼少のおん頃雪の降った時にこう仰せられたというおん事を、讃岐典侍《さぬきのすけ》が日記に書いている。
メニュー

更新履歴
取得中です。