|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百八十二


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 四条大納言隆親卿が乾鮭《からざけ》というものを天皇の御食膳に供せられたのをこんな下品なものは差上げることはあるまいとある人が言ったのを聞いて、大納言は鮭という魚は差上げないというならばさもあろうが、鮭の乾したものがなんでいけないことがあろうか、現に鮎の乾したのは差上げるではないか、と申したということであった。
メニュー

更新履歴
取得中です。