|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百八十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 秋田城介兼陸奥守泰盛は無双の乗馬の名人であった。従者に馬を出させる時、その馬が一足飛びに門の閾《しきい》をゆらりと越えたのを見るとこれは過敏な馬だといってほかの馬に鞍をおきかえさせた。そのつぎの馬は足をあげず伸ばしたままで閾に当てたので、これは愚鈍な馬だから過失があるだろうと言って乗らなかった。その道の心得のない人物であったならばなんでこんなに怖れることをしようか。
メニュー

更新履歴
取得中です。