|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百八十六


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 吉田という乗馬家の言ったのに「馬というものはどれもこれも強いものである。人の力で争うことのできないものと知っておくがいい。乗馬の際には馬をよく見て、その強い所や弱い所を呑みこんでおくがよい。つぎに轡鞍《くつわくら》などの馬具に危険はないかとよく見て、気がかりなことがあったならその馬をはしらせてはならない。この用心を忘れないのが一人前の乗馬家というものである。これが奥儀である」とのことであった。
メニュー

更新履歴
取得中です。