|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百九十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ある入が久我畷《こがなわて》を通行していると小袖を着て大口の袴をつけた人が木造の地蔵尊を田の申の水に浸してたんねんに洗っていた。変なことだなあと見ていると、狩着をつけた男が二三人出て来て「ここにおいでになった」といって連れて行った。久我内大臣通久公であった。以前普通の精神状態でおられた頃には温順で尊敬すべき人物であった。
メニュー

更新履歴
取得中です。