|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」百九十六


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 東大寺|鎮守《ちんじゆ》の八幡の神盥ハが東寺の若宮八幡からお帰りの時、源氏の公卿方はみな若宮へ参られたが、その時この久我内大臣は近衛大将であって随身に先払いさせられたのを、土御門の太政大臣実定公は「神社の前で先払いをするのはいかがなものであろう」と言われた。するとこの大将は「随身たるべきもののいたすべき作法は我ら武家の者がよく存じております」とだけ答えた。さて、後になってから久我殿は「土御門太政大臣は北山抄は見ておられるが、もっとふるい西の宮(西宮左大臣源高明)の説のほうは御存じないと見える。神の巻族たる悪鬼悪神を恐れるから神社の前ではとくに随身に警蹕《けいひつ》の声をかけさせる理由がある」と言われた。
メニュー

更新履歴
取得中です。