|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 勅勘を蒙った家に靱《ゆぎ》をかける作法は、今では知っている人がまるで無い。天子の御病気のおん時とか疫病の流行する時には、五条の天神に靱をお掛けになる。鞍馬に靱の明神というのがあるのも靱をかけられた神である。看督長《かとのおさ》(検非違使の下役、巡査部長の類)の負うていた靱を勅勘の者の家に掛けると人がその家へ出入りしないようになるのである。このふうが絶えてから後は封を門戸につけることとなって今日におよんでいる。
メニュー

更新履歴
取得中です。