|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百四


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 犯罪者を笞《むち》で打つ時は拷器《こうき》へ近づけて縛りつけるのである。拷器の構造も、縛りつける作法も、今日ではわきまえ知っている人はないということである。
メニュー

更新履歴
取得中です。