|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百六


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 徳大寺右大臣公孝卿が、検非違使の別当であられた頃、検非違使庁の評定、すなわち裁判の最申に、役人|章兼《あきかね》の牛が車を放れて、役所の中に入り、長官の席の台の上へ登り込んで、反芻をしながらねていた。異常な怪事というので牛を占のところへやってト《うらな》わせようと人々が言っているのを、公孝卿の父の太政大臣実基公が聞かれて、牛にはなんの思慮もない、足があるのだからどこへだって登って行くのがむしろ当然である。微賎な役人が、偶然出仕に用いたつまらぬ牛を取り上げてよいものではなかろうー・しいうので、牛は持主に返し、牛がしゃがんだ畳はとりかえられた。別段なんらの凶事も起らなかったということである。怪事を見ても怪しいと思わない時は、怪事が逆に壊れてしまうともいわれている。
メニュー

更新履歴
取得中です。