|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百八


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 経文などの紐を結ぶのに上下から襷《たすき》のように交錯させてその二筋のなかからわなの頭を横へひっぱり出しておくのは普通のやり方である。しかるに華厳《けごん》院の弘舜僧正はこの結び方を見て解《と》いて直させ、この結び方は近頃の方法ですこぶるぶざまである。いいのは、ただくるくると巻きつけて上から下へわなのさきを押しはさんでおくのであると申された。老人でこんなことに通じた人であった。
メニュー

更新履歴
取得中です。