|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百九

 他人の田をわがものと論じ争ったものが訴訟にまけてくやしさに、その田を刈り取って亠米いと人をやったところが、これを命ぜられた者どもは、問題の田へ行く途中からよその田をさえ刈って行くので、そこは問題のあった田ではないと抗議されて、刈った者たちはその問題の田にしたところで刈り取る理由がないのに無茶をしに行くのだから、どこだって刈り取ってもかまうものですか、と言った。この理窟がすこぶるおかしい。

メニュー

更新履歴
取得中です。