|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百十


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 呼子《よぶこ》鳥は春のものであるとばかり説いて、どんな鳥だとも確実に記述したものはない。ある真言の書のなかに、呼子鳥が鳴く時、招魂の法を行う式が書かれてある。これで見ると鵺《ぬえ》のことである。万葉集の長歌に「霞立つ長き春日の……」とあるところに「ぬえこ鳥うらなきをれば……」とある。この鵺子鳥と呼子鳥とは様子が似通うているようである。
メニュー

更新履歴
取得中です。