|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百十三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 天子のお前の火鉢に火を入れる時は、火箸で狭むことはしない。土器から直接に移し入れるのがよいのである。それ故炭を転ばさないように注意して積むべきである。上皇が石清水《いわしみず》八幡宮へ行幸の折にお供の人が白い浄衣《じようえ》を着ていて手で炭をついだのを、ある有職《ゆうそく》に通じた人が、白い物をきている場合は火箸を用いても悪くはないのだ、と言っていた。
メニュー

更新履歴
取得中です。