|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百二十一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 建治弘安の頃は、賀茂の祭の放免、言ってみれば検非違使《けびいし》の雑役の遷物《ぬりもの》には、変な紺の布四五反で馬の形をつくり、尾や髪を燈心でつくって、蜘蛛《くも》の巣をかいた水干をきた上へこれを引っかついで、この意匠をそこから取った和歌ー蜘蛛のいの荒れたる駒はつなぐとも二道《ふたみち》かくる人はたのまじーを口ずさんだりしながら渡って行ったのは、以前はよく見かけたもので興味のある趣向だなあと思っていたのにと今日も年とった遣潔(検非違使庁の下役人)連と話し合ったものである。近年はこの遵物《ぬりもの》が年々に贅沢の度がひどくなって、さまざまな重いものなどを身につけて左右の袖を人に持たせ、自分は当然持つべき鉾《ほこ》さえ持てないで、息づかい苦しげの様子ははなはだもって醜悪である。
メニュー

更新履歴
取得中です。