|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百二十三

 九条基家公を鶴の大殿と申したのは、幼名がたず君であったのである。鶴をお飼いになったからというのは誤りである。

メニュー

更新履歴
取得中です。