|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百二十四


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 陰陽師の安倍有宗入道が鎌倉から上京して訪問してくれたが、まず入りがけにこの庭が無闇と広すぎるのはよくないことで感心できない。もののわかった人は植物の養成を心がける。細い道を一筋残しておいて、みな畠にしてしまいなさいと忠告したものであった。なるほどすこしの土地でも打ち捨てておくのは無益なことである。食料になる野菜や薬草などを植えておくのがよかろう。
メニュー

更新履歴
取得中です。