|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百二十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 楽人|多久資《おおのひさすけ》が話したのに、通憲《みちのり》入道信西が舞の所作の中からおもしろいのを選んで磯の禅師という女に舞わせた。その姿は白い水干に鞘巻《さやまき》という刀をささせ、烏帽子《えぼし》をかぶらせたから男舞とよんだ。禅師の娘の静《しずか》というのがこの芸を伝承した。これが白拍子の起源である。仏神の由来縁起を歌ったものであった。その後源の光行が多くの歌曲を作った。後鳥羽院の御製になったのもある。院はこれを亀菊という遊女にお教えになったということである。
メニュー

更新履歴
取得中です。