|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百二十九

 よい細工人は、いくぶん鈍い刀を使用する、ということである。光仁朝の名仏工妙観の刀もあまり鋭利ではない。

メニュー

更新履歴
取得中です。