|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百三十


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 五条の内裏《だいり》には化物《ぱけもの》がいた。藤大納言殿のお話しなされたところでは、殿上人たちが黒戸の間に集合して碁を打っていたら、御簾を上に持ち上げて見るものがある。誰だとふり向いて見ると、狐が入間のようにちゃんと坐って.のぞいていたので、やあ、狐だと騒がれて逃げまどうていた。未熟な狐が化けそこなったものと見える。
メニュー

更新履歴
取得中です。