|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百三十三


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 万端、過失のないようにと心がけるなら、何につけても誠実に、相手を問わず恭謙の態度をもって言葉数の少いのに越したことはない。老若男女を問わず、何人《なんぴと》も、そういう人が好いけれど、なかんずく、青年で風采のあがった人が言葉のよいのは忘れ難く感銘するものである。すべての過失というものば馴れ切った様子で上手ぶり、巧者らしい態度に、人を呑んでかかるので起るものである。
メニュー

更新履歴
取得中です。