|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

佐藤春夫訳「徒然草」二百三十五


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 持主のある家へは、用のない人聞などが気ままに入って来ることはないが、主のいない家へは、通りがかりの人でも無闇に入りこんで来る。狐や梟《ふくろう》のようなものでも主のない家は人気に妨げられないから、得意然と入りこんで住み、木魂《こだま》などという怪異などまで現われるものである。また鏡には色や形がないから、種々の物の影も映る。もし鏡に定住のものともいうべき色や形があったなら、外物の影は映らないのであろう。空虚なところへはよく物が入りこむ。雑多な慾念が勝手に思い浮かんで来るのも、本心というものがないからであろう。心に一定の主体さえあったなら、胸中かように雑多なことが入っては来ないのであろう。
メニュー

更新履歴
取得中です。